生物学・科学に関する雑感。

書籍の紹介が中心です


2007年10月06日

蛾の整理

博物館でガの標本整理を手伝わせていただきました。すごい多様性。なんだかわからないもの多数。
Noctuidae.jpg
posted by シロハラクイナ at 21:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

東京遠征

東京で某フェローシップの面接。うまく伝えられたかは自信がないですが、ともかくベストは尽くしました。あとは結果を待つのみ。平行して別のフェローシップにも応募中。

実家で、この春に生まれた甥と初対面。不思議な気分。すぐ大きくなるんだろうなぁ。
posted by シロハラクイナ at 17:15| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

日常

更新をサボっていてすみません。とりあえず、無事です。イギリスから帰国後、数日して富山での勉強会。昨日帰札し、今日は某フェローシップの申請書の準備に追われています。紹介したい本も論文も沢山あるけれど、とにかく仕事をひとつづつ片付けていかないと。
posted by シロハラクイナ at 21:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

JH9

本日より、しばらく英国に出かけます。JH9(第9回国際幼若ホルモン会議)に参加するためです。プログラムには大御所の名前がずらっと並んでいて、さすが専門の学会といった感じ。開催地のヨークは、歴史のある街のようですね。私はそもそもヨーロッパ方面に行くのが初めてなので、雰囲気も楽しんで来たいと思います。

JH9

関係者の皆様、不在中はご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくm(_ _)m
posted by シロハラクイナ at 00:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

5万アクセス

ブログを開設して1年半、本日5万アクセスに達しました。最近は更新の間隔が大きく空いてしまうこともありますが、やめることは無いと思うので大目に見ていただけると有り難いです。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
posted by シロハラクイナ at 22:33| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

来客

今日から数日間、東国の方から来られた方と一緒にクマムシの実験をしています。うまくいくといいのですが…。
posted by シロハラクイナ at 12:11| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

センブリ

市内で採集したセンブリ。センブリの分類は生殖器を見ないと難しいらしく、種名まではわかりませんでした。

センブリ2.jpgセンブリ1.jpg

センブリはヘビトンボとともにヘビトンボ目に属するということですが、確かに体のつくりをよく見るとヘビトンボに似ています。完全変態昆虫のなかではかなり原始的な部類なので、その変態様式が気になるところ。幼虫は川底の泥のなかに住んでいるとのこと。変態の様子を観察するには、できれば幼虫を捕りたいところですが、いい方法はないでしょうか。
posted by シロハラクイナ at 13:29| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

プライアシリアゲ

学内で採集したシリアゲムシ。おそらくプライアシリアゲ(Panorpa pryeri)ではないかと思います。追記:学名はもうすぐ変更になりそう、とのことなので削除しました。
シリアゲ.jpg

この個体はオスなので、腹部末端に把握器と呼ばれるハサミ状の器官がついています。これによって、日本語では「尻上げ虫」、英語だと「Scorpion fly」と呼ばれるわけですね。把握器が見えるように、麻酔して実体顕微鏡で撮影しました。
シリアゲ2.jpg

シリアゲムシ目はマイナーなグループですが、系統的な位置も面白いし(たぶんノミ目に対して側系統と言われている、そしてハエ目にも近い)、翅の斑紋や体色に季節多型や個体変異が多く見られることも面白いし、ちょっと気にとめておきたい昆虫です。
posted by シロハラクイナ at 23:42| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

バロット

いまH大は大学祭シーズンです。フィリピン人留学生の屋台で購入した「バロット」味も見た目も強烈です。あえて言うなら、とろみのある鶏肉の味。まぁ、そのままですけど。
obg.jpg

バロット(wikipedia)
posted by シロハラクイナ at 23:13| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

ヘビトンボ

070517_2031~0001.jpg調査で屋久島に来ています。写真は民宿に飛び込んできたヘビトンボ。キズのない美しい個体です。
posted by シロハラクイナ at 20:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

終わった〜!が…

懸案の書類(某フェローシップの申請書)は、無事に事務に提出。

大量の関連資料を整理し、書類をファイルにしまおうとしたところ、3年前の自分の申請書を発見。…なかなか悪くない。そして、今回のは、3年前の自分に勝っていない気がする。細部は今回の方がいいはずで、専門の人が見れば評価してくれるはず。しかし3年前の申請書は、(本当は中身は薄いのだが、)言っていることが大きいので、ちょっと分野が遠い人が見れば、そちらのほうがいい気がする。

表向きは今日が〆切だけれど、書類は研究院の事務に数日間留め置かれるので、月曜までなら差し替えられるのでは…。しかし今は完成している書類にさらに手を入れる精神力が無い。そして今は冷静に書類を見られないので、一晩寝てから考えます。

ところで、一年くらい前から、右手の人差し指の第一関節が痛みます。原因はおそらくマウスのホイールで、Macのマウスがホイール付きになってから、指がバキバキいうようになりました。しかたがないので中指を使うようにしていたら、今度は中指の方が痛みます。人間工学的に問題があるのでは…。ただパソコン使いすぎなだけか。mouse.jpg
posted by シロハラクイナ at 20:24| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

書類書き

最近はずーっと書類書きで、とても忙しいです。現実逃避として本をたくさん読んでしまったりもするのですが、今週末の書類の〆切が済んでからアップします。
posted by シロハラクイナ at 20:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

科学英語を考える

英文を書くとき、aとtheの用法についてはいつも悩んでいます。(別に積極的に英文を書きたくはないのだが、どうしても書かねばならないときがある…。研究者の宿命…。)使い分けの際に、参考になるのがトム・ガリー氏のコラム「科学英語を考える」。東大理学部の広報誌に連載されていたもので、以前ちょっと読んだことがあったのですが、ネットでも公開されているようなのでリンクしておきます。大学院生に英語を教えながら気づいた日本人独特の間違いを良くふまえており、ちょうど前々から気になっていた点を教えてくれる、いいコラムです。
posted by シロハラクイナ at 00:28| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

ウィスコンシンマディソンの風景

セミナーが済んで帰国する朝に、学内を散歩して何枚か撮った写真があるのでアップしておきます。

UWMgenetics.jpg
遺伝学部のメインビル。実は奥行きがとても長く、かなり巨大です。プリンストンと比べると、すべての建物が二回りくらい大きいイメージ。

Bock.jpg
訪問したラボのあるビル。こぢんまりしていますが、使い勝手はよさそう。

Mendota1.jpg
大学の北側はメンドータ湖に面しています。夏はバカンスムード全開になるらしいのですが、今はまだ結氷中でした。

Mendota2.jpg
湖の氷上から望むマディソンの町並み。ホバークラフトが通り過ぎていきます(矢印)。

:
ヨーロッパ風の一角。ちなみに、マディソンの住民はドイツ系が多いらしい。

UWM2.jpg
昔風の建物と、近代的ビルの調和(あるいは不調和)。州立大学らしい適当さ?
posted by シロハラクイナ at 23:27| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

聖地巡礼

070321_1339~0002.jpgEvoDevoの聖地であるウィスコンシン・マディソンのC研を訪問してきました。いま帰りがけで成田から羽田へ移動中です。天候がすぐれず、運航スケジュールが無茶苦茶になっていて過酷な旅でした。

C研は色々な意味で本当に凄かった…。自分のセミナーは、まぁイマイチだったのですが、その後メンバー全員と約一時間ずつディスカッションさせてもらい、濃厚な時間を過ごさせてもらいました。みんな目をキラキラさせていて自分の仕事を熱く語るのが印象的でした。

しかし今更気づきましたが、ラボ訪問というのは実にいいものですね。学会では多対多で話すのに対し、訪問では皆が自分に興味をもってくれるし、仕事の話も個別に出来るし、名前も覚えてもらえるし。というわけで、往復はきつかったけれど、内容には満足な旅でした。
posted by シロハラクイナ at 18:48| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

プレゼンの準備はいつもつらい。

あるセミナーで発表するためのプレゼンを準備中。

自分の仕事の全体像を改めて眺めてみて、その一貫性の低さに落ち込みつつ、なんとか強引にストーリーを作っています。現実逃避として、使用する昆虫の写真をいかにうまく切り抜くかにこだわったりして(なぜかいつもやってしまう)。
AllomyrinaRs[2.jpg

こういうときにこそ、仕事全体の構造的な欠陥や論理の穴に初めて気づいたりもするわけですが、仕事の意義を考え直す貴重な機会にもなるわけで…。もうちょっと、がんばります。
posted by シロハラクイナ at 23:41| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

エピジェネティック・ランドスケープ

鎌倉を散歩していたら、禅寺で"Waddington's Epigenetic Landscape"を発見。

epigenetic.jpg
建長寺庭園。名勝史跡です。中央にあるのは「さんぺき池」。

本物の「エピジェネティック・ランドスケープ」の図

Epigenetic landscape の解説 (英語版wikipedia)
posted by シロハラクイナ at 20:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

日常

昨日は講座の追いコンだったため、今日はちょっとダルめ。「ウコンの力」の粉末タイプを飲んだんですが、ドリンクタイプより効かない気がします。有効成分はクルクミンというものらしいですが、どうして2日酔いに効くのか、メカニズムはわかっているんですかね?ウコンが入ってればいいのなら、飲み会の後にカレーを食べればいいのでは??

今日は頭があまり働かないので、こういう日は組織切片の染色など単純労働をすると良いようです。JKJが研究集会に行っているために不在で、ニャン太はさびしそうにしています。もとが捨てネコだったせいか、ひとり(いっぴき)にされるとニャーニャーいって人を呼ぼうとします。

nyanta.jpg
posted by シロハラクイナ at 20:20| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

研究漂流生活に光あれ

つかさんによるブログ「研究漂流生活に光あれ」にリンクをさせていただきました。

うん、いいタイトルだよね。私も、もっと考えて、いいタイトルにすれば良かった…と思っています。まあ、「生物学・科学に関する…」っていう説明的な感じが、いかにもシロハラっぽい、と言われたりもするけれど。あとmaruyamanaさんの「断虫亭日常」もいいタイトルだな〜と思います。

最近あまり更新していなかったけれど、つかさんに刺激を受けて、もっと色々書いていこうと、思いを新たにしました。がんばろ〜!
posted by シロハラクイナ at 23:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

G1原稿の査読結果

皆さん、映画「UDON」は見ましたか?うどんブームは去りつつあるようですが、週末に讃岐うどんをを食べに香川に行ってきました。滞在1日半で、ジアスターゼ系消化剤と金比羅参り(石段1100段)を活用しつつ6件回りました。麺通団(うどんブームの火付け役であるタウン情報誌編集部)的には、このような強行軍を「猛ツアー」と呼ぶのだそうです。まあとにかく、讃岐うどんはうまかった!写真は製麺所系の有名店に、開店と同時に行列する人々です。
UDON.jpg

さて、先ほどG1原稿が査読から戻ってきました。金比羅さまの御利益かどうかはわかりませんが、リジェクトはまぬがれた様子。3人のレフェリーに回り、それぞれ、メジャー、マイナー、マイナーレビジョンとの判断です。1人が「データをもっと足すことを強く推奨する」と言っているほかは比較的やさしめのコメントで、まあなんとかなるでしょう。この原稿との付き合いも長くなってきましたが、なんとか先が見えて良かった!

応援お願いします。→banner2.gif
posted by シロハラクイナ at 01:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする