生物学・科学に関する雑感。

書籍の紹介が中心です


2008年05月26日

Drosophila: A Guide to Species Identification and Use

Drosophila: A Guide to Species Identification And Use (リング製本)
Therese Ann Markow (著), Patrick M. O'Grady (著)
リング製本: 272ページ
出版社: Academic Pr; Spi版 (2005/12/20)
言語 英語, 英語, 英語
ISBN-10: 0124730523
ISBN-13: 978-0124730526



キイロショウジョウバエ (Drosophila melanogaster) 以外のショウジョウバエの系統関係、特徴や飼育法について書かれた本。最近はmelanogaster以外の種でもゲノム情報が充実してきて、使い勝手が向上してきたので、系統や飼育に関する情報の需要も高まっているのではないでしょうか。飼育できる種数は限られているものの、Hawaiianの飼い方まで載っています。しかし大きな容器に砂を敷き詰めて…という飼育法は、とても同属の昆虫とは思えない…。

ショウジョウバエの進化をやるならば、教養としてこれくらいの内容は押さえておきたいですね。しかし、分子系統が進んだ結果、Drosophila属の系統は相当すごいことになっている。内部に多くの属を含んでしまい、多系統もいいところ。かといって、従来の亜属を属に格上げしてしまうと、キイロショウジョウバエはSophophora melanogasterになってしまう!ウワサによれば、命名規約の特例を使ってウルトラC的に切り抜ける方策が協議されているそうですが、そうすると、今度は我々が使っている種が変な属名に変えられてしまいそうだな…。いっそ、Drosophila属のクレードに含まれてしまう多くの属を、ぜんぶ亜属にして、みんな仲良くDrosophila属ではダメですかね??


posted by シロハラクイナ at 10:28| シカゴ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 書籍(洋書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガイアの夜明けに出た、CS患者のモスカルです。
100万人の患者さんの避難所をつくりたいので、
ボランティアにきてくださる方を募集しています。
100万人の患者さんが、おうちがなくて困っています。どうか皆様、たすけてください!
「モスカルのCS日記」http://rararabit.blog5.fc2.com/blog-entry-77.html
Posted by mosukaru at 2008年05月26日 11:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。