生物学・科学に関する雑感。

書籍の紹介が中心です


2007年07月22日

楽天記

楽天記 (文庫)
古井 由吉 (著)
文庫: 332ページ
出版社: 新潮社 (1995/10)
ISBN-10: 4101185042
ISBN-13: 978-4101185040


同様に死や老いをモチーフにした作品ながら、「仮往生伝試文」よりも重く、読み進めるのに抵抗感を感じるのは、身近な人物の死が日常の中で語られているからなのか。あるいは、聖書に関するディテールを理解できていないだけなのか。もちろん、本作もすばらしいのだけれど、「仮往生伝試文」なみの作品をもう一冊読みたいと思うのは贅沢なのでしょうか。
posted by シロハラクイナ at 03:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(文芸・人文社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック