生物学・科学に関する雑感。

書籍の紹介が中心です


2007年06月25日

センブリ

市内で採集したセンブリ。センブリの分類は生殖器を見ないと難しいらしく、種名まではわかりませんでした。

センブリ2.jpgセンブリ1.jpg

センブリはヘビトンボとともにヘビトンボ目に属するということですが、確かに体のつくりをよく見るとヘビトンボに似ています。完全変態昆虫のなかではかなり原始的な部類なので、その変態様式が気になるところ。幼虫は川底の泥のなかに住んでいるとのこと。変態の様子を観察するには、できれば幼虫を捕りたいところですが、いい方法はないでしょうか。


posted by シロハラクイナ at 13:29| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヤマトセンブリでは?
北海道のだから違うか。
昔、円海山に腐るほど居たなぁ...幼虫も。
今は少ないかもね。
Posted by 9.11 at 2007年06月25日 23:09
おお、どうもです!コメントありがとうございます。

いちおうヤマトセンブリは本州以南ということになってるようで。幼虫って、タモ網で泥をすくってその中に入ってるんですか?それとも、水底を歩いてるのが見えるとか?

採ってきた個体がスチ角の壁面に産卵しているので、なんとか幼虫になってくれないかと期待してます。
Posted by シロハラクイナ at 2007年06月25日 23:45
円海山で良く見かけたセンブリはヤマトじゃないみたい。神奈川での記録は少ないって書いてあったから。
幼虫は、泥ってところではなく、細かい砂利があるような、流れの緩やかな川底の石の下とかで良く見たような気がするけど。
まぁヘビトンボもたくさんいたので、それの若齢幼虫だったかも知れないけど。
ちなみに、北海道にはセンブリとキタセンブリしかいないみたいね。
Posted by 9.11 at 2007年06月26日 22:14
写真、ヘビトンボかと思ったよ。
センブリって、初めて聞いた。
Posted by mikix at 2007年06月27日 09:01
>9.11様

>北海道にはセンブリとキタセンブリしかいないみたいね。

なるほど。普通種はセンブリのほうですかね??いま文献を取り寄せ中なので、種まで確認できたらお知らせします。
今回採集したところは、泥底だけれど水がきれいな川でした。イバラトミヨがたくさんいるようなところです。
Posted by シロハラクイナ at 2007年06月29日 00:33
>mikix様

ヘビトンボよりもかなり小さいよ。翅先まで入れて2cmくらいです。ヘビトンボはたくさん採るのは難しそうだし、センブリは市内で気軽に採集できるのが魅力です。
Posted by シロハラクイナ at 2007年06月29日 00:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。