生物学・科学に関する雑感。

現在ウィスコンシン・マディソンに研究留学中


2013年06月27日

論文の書き出し

論文を書かなければいけないのですが、なかなか書けません。特に本文の書き出しに苦労しています。小説では、はじめの一文が最も重要で、それゆえ書き出しが最もつらいとも言われます。

参考にしてみようと、過去の研究室の先輩方の論文の書き出しを集めてみました。この研究室では、だいたい狙いが大きいので、壮大なスケール感を持った書き出しが多いです。

Understanding the genetic origins of biological novelties remains one of the central quests of evolutionary biology.
壮大すぎて、研究を旅に例えちゃってます。questと聞くと、ドラクエを連想してしまいます。

The complex body colour patterns of reef fish, snakes and birds, to name just a few of the more vivid examples, are understood to have many roles in animal ecology, as well as forming some of the most beautiful designs in all of nature.
これは2010の私たちの論文ですが、見て分かるように明らかにボスが書いています。自然番組の冒頭って感じですね。

Three major challenges for understanding the genetic and molecular bases of morphological evolution are to identify loci underlying trait divergence, to pinpoint functional changes within these loci, and to trace the origin of functional variation in populations.
この分野における3つの挑戦というのを掲げて、全部解決してやるという強気な書き出し。

Chemical communication is widespread in the animal world.
これはちょっと散文的です。

Sexual dimorphism is widespread in the animal kingdom.
先ほどのと似ていますが、こちらがオリジナルでしょうか。

A long-standing question in evolutionary biology concerns the mechanisms through which morphology evolves.
これなんか、そのまま自分の論文に使えそうですが…。

これらを参考にしつつ、なんとか自力で書いてみたいと思います。
posted by シロハラクイナ at 03:53| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367620682
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。