生物学・科学に関する雑感。

現在ウィスコンシン・マディソンに研究留学中


2013年06月19日

現代思想 2012年8月号

現代思想2012年8月号 特集=生きものの<かたち> 構造・行動・色・模様 [ムック] / 養老孟司, 池田清彦, 中村桂子, 長沼毅 (著); 青土社 (刊)

このあいだ日本に行った時に書店で見かけて、いまさらながら読んでみましたが、当たりでした。沢山の著者の方たちがいて、テーマは哲学と生物学の境界であったり、あるいはまったくどちらでもなかったりするのですが、普段考えている生物学の外側が少し見えて、また、外から見た生物学はどんなものなのかも少し見えて、なかなか得難い読書体験でした。
posted by シロハラクイナ at 13:50| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(和書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366837353
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。