生物学・科学に関する雑感。

現在ウィスコンシン・マディソンに研究留学中


2013年05月20日

意識の探求 神経科学からのアプローチ

意識の探求―神経科学からのアプローチ (上) [単行本] / クリストフ・コッホ (著); 土谷 尚嗣, 金井 良太 (翻訳); 岩波書店 (刊)

意識とは何か、というのは脳科学の最も難しくかつ重要な問題のひとつと言われているそうです。著者のコッホは、クリック(*注1)とともに、意識の神経科学的基盤の解明に取り組んできた研究者です。

彼らは、NCC (Neural Correlates of Consciousness) 、つまり意識を生み出すのに充分な神経活動の単位を探ることを目標に、特に視覚意識(何が見えているか)に注目してきたそうです。NCCがあると仮定するということは、脳のどこかに意識の中心になる領域なり回路があるということで、これはデネット(*注2)が批判するカルテジアン劇場のようなものです。コッホはNCCを仮定した上で、今はその実体を科学的なアプローチで探索できるエキサイティングな時代であり、そうすべきというスタンスです。例えば視覚意識に関して言えば、後頭部にある皮質のV1(一次視覚野)は視覚のNCCに含まれないのはほぼ確かで、つまり大脳皮質の全体ではなく一部(おそらく下側頭葉の中やその周りのニューロンを含む)が意識形成の中心になっているはず、と述べています。

意識の問題のように長く議論されてきた課題を解決するためには、とにかく検証可能な仮説を立てて、それを科学的に検証するというスタイルが、唯一の現実的な手法であると私も信じますし、そういう意味では自然科学は最も実践的な哲学なのだと思います。

*注1 Francis Crick、The Astonishing Hypothesis(邦訳:DNAに魂はあるか)の著者で、もちろんDNAの二重らせん構造の提唱でも有名。

*注2 Daniel C. Dennett、Consciousness Explained (邦訳: 解明される意識 )など、とても字数の多い本で有名な人気哲学者です。
posted by シロハラクイナ at 16:49| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(翻訳もの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/362515034
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。