生物学・科学に関する雑感。

書籍の紹介が中心です


2012年06月29日

Impact Factor 2011

Impact Factor 2011が出たようですね。

今年の目玉は何と言ってもNature Communicationsではないでしょうか。一説にはPLoSに対抗するために出したなどと言われますが、1年目の被引用データはどう出たでしょうか。

Nat Commun 7.396

ほぼ予想どおりではないでしょうか?Nature Communicationsのサイトによれば、「Nature Communications には、科学の領域における質の高い論文が掲載されますが、必ずしも Nature や Nature 姉妹誌に掲載される論文ほど広範囲にわたる科学的影響力をもつ必要はありません。」ということ、さらに姉妹紙(IF10-30くらい)に掲載されなかった原稿も回ると言うことで、しかしNatureのブランドもあるし、このくらいでしょう。

さらに、今年のデータは、1年分のデータ(2009年に出版された論文が2010年に引用された回数)に基づいているので、来年はもう少し上がると予想します。私の予想は9.2と書いておきます。

Nature Publishing Groupの担当者は、IF10-20くらいを目指して創刊していると言っているので、この発言は少し「盛って」いるとして、だいたい彼らとしても思惑どおりなのではないでしょうか。このリンク先には、オープンアクセスと学術出版の未来についての出版社の方たちの議論がまとめられており、大変おもしろいです。
http://d.hatena.ne.jp/min2-fly/20120229/1330530968

あとは、目立ったところでは、Scienceの数少ない姉妹紙であるScience Signelingですが、去年もでていたんですかね?気がつきませんでしたが、数値が出て二年目のようです。

Sci Signal 7.499 増

<以下、具体的な数字は削除しました。>
posted by シロハラクイナ at 04:00| シカゴ ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もそんな季節だねー!今から北海道に行ってディスカッションがてらジンパに参加してくるよ!
Posted by ゆき at 2012年06月29日 08:14
きたー!
シロハラさんのIF解説があると、一年経ったなぁって気がしますね笑。
今日はHTTRの結婚式で札幌に行きます♪
Posted by あさの at 2012年06月29日 08:28
>ゆきさん、あさのさん

さすがシンクロニシティは健在だね。みんなによろしく!

ほんとね、一年たったなぁ。もはやこのブログのメインコンテンツだと思ってるよ。毎年書いてるけど、おれは至上主義者じゃなく、むしろ最近は反IF主義者。でもこの手のネタはすごく受けがいいので(アクセスが急増する)、義務感でやってます。毎年新しい雑誌が出てくるので、ネタは尽きないね。
Posted by シロハラクイナ at 2012年06月29日 09:37
E&Dが結構下がってるような... 
最近論文を書いたし,好きな雑誌なのに.
一喜一憂しすぎず精進いたします!
Posted by okd at 2012年06月29日 14:54
エボデボは雑誌が増えたから散ったのかもしれない。まぁ気にせずどんどん書きましょう!
Posted by シロハラクイナ at 2012年06月29日 15:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック