生物学・科学に関する雑感。

書籍の紹介が中心です


2012年05月05日

科学の限界

科学の限界 (地人選書) [単行本] / ピーター・ブライアン・メダウォー (著); 加藤 珪...

イギリスらしい、所々に皮肉の利いた、シャープな科学論です。メダウォー(Medawar、メダワー)はドーキンスの作品でよく紹介されているので、手に入るものは読んでおこうと思って集め始めました。
posted by シロハラクイナ at 12:38| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(翻訳もの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック