生物学・科学に関する雑感。

現在ウィスコンシン・マディソンに研究留学中


2012年05月02日

銃・病原菌・鉄

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫) [文庫] / ジャレド・ダイアモンド (著); 倉骨彰 (翻訳); 草思社 (刊)

これも大変有名な読み物ですが、最近文庫版を入手してやっと読みました。かなり面白いです。

ヨーロッパとニューギニアでこれほど文明の発達スピードが異なっていたのはなぜか?という問いに始まり、世界各地の文明の相違を、その地域の地理的条件、動植物相の違いなどによって説明しようと試みた大作です。地球上で主要作物、主要な家畜になりうるものは数えるほどしか無く、偶然にそれらを利用できた土地、例えば肥沃三日月地帯(メソポタミアを中心とする地域)は小麦、エンドウ、オリーブ、羊、山羊、中国は米、アワ、コーリャン、豚、蚕を持ち、さらにユーラシア大陸は東西に長いので、作物や家畜が伝播しやすかったため、ユーラシアの諸文明が早くに発達したということです。

私はアメリカに住んでから、七面鳥、カボチャ類(ズッキーニ、スクワッシュ)、キヌアなど、新大陸の食べ物が結構好きなので、それらの歴史も楽しめました。

新しい版では日本に関する章が追加されているらしく、その章の全訳は以下で読めます。

ダイアモンド『銃、病原菌、鉄』2005年版追加章について 山形浩生
posted by シロハラクイナ at 16:07| シカゴ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(翻訳もの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/268154148
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。