生物学・科学に関する雑感。

現在ウィスコンシン・マディソンに研究留学中


2012年04月20日

Screening of Upregulated Genes Induced by High Density in the Vetch Aphid Megoura crassicauda

Screening of Upregulated Genes Induced by High Density in the Vetch Aphid Megoura crassicauda
ISHIKAWA A, ISHIKAWA Y, OKADA Y, MIYAZAKI S, MIYAKAWA H, KOSHIKAWA S, BRISSON JA, MIURA T
Volume 317, Issue 3, pages 194–203, March 2012
DOI: 10.1002/jez.1713

H大時代の後輩の論文が出版されたようです。ソラマメヒゲナガアブラムシは、母虫の育った環境の密度条件によって、子世代の有翅・無翅の比率が劇的に変わります。この特性を利用して、母から子への密度シグナルの正体に迫るべく、蛍光ディファレンシャルディスプレイと定量PCRを使って、高密度条件下で発現が高くなる遺伝子を同定したというものです。さらにいくつかの候補遺伝子の発現も比較しています。ところで、この実験に使われた系統はたしか元ボスの出勤中に肩にとまったアブラムシに由来しているはずです。この研究は非モデル生物におけるエコ・デボの試みであると同時に、身近な自然史でもあると思っています。
posted by シロハラクイナ at 03:06| シカゴ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介ありがとうございます!やっと出たー…。他のD論データもちゃっちゃと出さなくちゃいけないんですが、新しい仕事に追われて完全に足踏み状態です。まずいまずい、
Posted by あさの at 2012年04月20日 11:11
アブラムシはもちろん、イトヨちゃんにも期待しています。
Posted by シロハラクイナ at 2012年04月20日 13:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/265638315
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。