生物学・科学に関する雑感。

書籍の紹介が中心です


2011年11月16日

Target-selected mutant screen by TILLING in Drosophila.

Target-selected mutant screen by TILLING in Drosophila.
Winkler S, Schwabedissen A, Backasch D, Bökel C, Seidel C, Bönisch S, Fürthauer M, Kuhrs A, Cobreros L, Brand M, González-Gaitán M.
Genome Res. 2005 May;15(5):718-23.

TILLINGをショウジョウバエに応用した例のひとつ。

彼らは、Cel-Iという、DNAのヘテロ2本鎖を切断する酵素(セロリに由来するらしい)を使い、ヘテロ接合を検出しています。ハエの場合は、種子や精子を凍結保存したりはできないので、変異を入れたライブラリーをいかに保持するかがポイントですが、彼らはバランサー染色体と、熱ショックでアポトーシスを誘導できるhs-hidを使って、比較的簡便に系統を維持する方法を用いています。しかしバランサーを使うと、多くのSNPsを持ち込むことにもなり、それをどのように突然変異と見分けるかが重要になります。Cel-Iを用いた方法なら、ゲル上で突然変異を含むすべてのSNPsを可視化できます。とはいえ、今の時代だったら、すべてキャピラリーシークエンスしたほうが簡便ですかね。

posted by シロハラクイナ at 01:00| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック