生物学・科学に関する雑感。

現在ウィスコンシン・マディソンに研究留学中


2011年11月05日

Phosphorylation of Mad Controls Competition Between Wingless and BMP Signaling.

Phosphorylation of Mad Controls Competition Between Wingless and BMP Signaling.
Eivers E, Demagny H, Choi RH, De Robertis EM.
Sci Signal. 2011 Oct 11;4(194). pii: ra68. doi: 10.1126/scisignal.2002034.

Scienceの数少ない姉妹紙であるScience Signalingに掲載された論文。UWでは購読していないので直接は読めないのですが、図書館に複写依頼をしたらその日のうちにpdfがもらえました。紙媒体の雑誌であっても、複写以来をすると電子複写でpdfを送ってくれるのでかなり高速です。このシステムはすばらしい。

この論文は、BMPシグナリングの転写因子であるMad (Mothers against dpp)が、実はWntシグナリングにも関与しているという話です。Madがリン酸化されるとBMP、リン酸化されないとWntの方で働くということで、BMPとWntが拮抗的に働くことが説明できるというものです。これ自体は、けっこう衝撃的なモデルです。

しかし著者らも認めているように、Madの過剰発現はWntシグナリングの機能喪失に似た表現型を示すというデータ(以下の論文)と矛盾するし、何かまだ見落とされている因子があるような気がします。続報に大いに期待しています。

Inhibition of Drosophila Wg signaling involves competition between Mad and Armadillo/beta-catenin for dTcf binding.
Zeng YA, Rahnama M, Wang S, Lee W, Verheyen EM.
PLoS One. 2008;3(12):e3893. Epub 2008 Dec 9.
posted by シロハラクイナ at 00:11| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/233599668
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。