生物学・科学に関する雑感。

書籍の紹介が中心です


2011年10月17日

自由は進化する

自由は進化する [単行本] / ダニエル・C・デネット (著); 山形 浩生 (翻訳); NTT出版 (刊)

ずっと前に読み始めたものの、これを理解するためには「解明される意識」を読んでおかねばならないと思い、その後に再挑戦してやっと読了。本書は、はたして人間に自由意志はあるのか?という問題に、ユニークな解答を提示しています。

われわれ理系の人間の多くは、人間も動物の一種であり、大腸菌、線虫、ショウジョウバエなどとおおむね同じ動作原理で動いている、と考えていると思います。そして生物の体は完全に物理学的に説明可能な物質のふるまいのみによって動いていて、意識の働きも同様である、と考えるのが自然です(つまり物質に基づかない霊魂のようなものは無い)。これは古くからある機械論と非常に近い立場だと思います。そうすると、我々の脳の活動も他の物体の振る舞いと全く同じで、宇宙の初期状態が与えられれば後は必然的に展開するシナリオ通りに動いているだけということになります。

一方で、われわれは自分に自由意志があることを前提にしてものを考えているような気がします。それが、機械論とは矛盾するように思えるにも関わらず、です。

デネットは、それは矛盾ではなくて、機械論的な世界観と自由意志は両立できると主張しているようです。そのためには、人間の意識というのは進化を経て作られてきた行動シミュレーションツールであるという視点が不可欠で、「解明される意識」や「ダーウィンの危険な思想」で述べられている内容を下敷きにしつつ、本書でさらに自由意志に関する議論に焦点を絞って論じています。予想される反論や、この手の話題にはつきものの量子力学との関係なども、丁寧に論じています。この手の話題が好きな人には、ぜひお勧めしたい本です。

ところで、山形浩生のべらんめぇ口調の独特な訳文は、私にはくだけすぎているように感じられました。
posted by シロハラクイナ at 07:32| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(翻訳もの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック