生物学・科学に関する雑感。

書籍の紹介が中心です


2011年06月30日

Impact Factor 2010 (インパクトファクター 2010)

さて、今年も新しいインパクトファクター(IF)が発表されました。ざっと見たところ、あまり目立った変化はありません。2年目のPLoS ONEがほぼ同じ数値を保っているのが良いニュースでしょうか。

<以下、具体的な数字を削除しました。>
posted by シロハラクイナ at 01:00| シカゴ ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ、ついにDev CellがGenes Devを上回ったんですか?これって大きな変化じゃないですか?
申し遅れましたが、私フロリダの同業者です。
Posted by flypusher48 at 2011年06月30日 07:20
コメントありがとうございます!

ええっと、過去のトレンドを見ると、去年はじめてDev Cellが上に来たみたいですね。やはりCellから流れてくる論文の質が高いからでしょうか。

このくらいのクラスの論文は、私が今いる研究室では、かつてはGenes Devに出していたのが、Curr Biolになり、いまはPLoS Biolですね。なんでそうしているのかは知らないのですが…。
Posted by シロハラクイナ at 2011年06月30日 08:15
なるほどねぇ。
でもそういえば確かに、Dev Cellでエボデボ系の論文を見ることはあんまりないような気がしますね。
Posted by flypusher48 at 2011年06月30日 13:14
そういえばそうですね。エボデボ系の論文は非モデル生物を使うことが多いですし、純粋な発生の論文と比べるとツメが甘いことが多いので、Dev CellとかDevelopmentに載せるのは厳しいのかもしれないですね。
Posted by シロハラクイナ at 2011年06月30日 14:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック