生物学・科学に関する雑感。

現在ウィスコンシン・マディソンに研究留学中


2011年06月23日

Juvenile hormone regulates extreme mandible growth in male stag beetles.

Juvenile hormone regulates extreme mandible growth in male stag beetles.
Gotoh H, Cornette R, Koshikawa S, Okada Y, Lavine LC, Emlen DJ, Miura T (2011)
PLoS ONE 6(6): e21139. doi:10.1371/journal.pone.0021139

G君のクワガタ論文、ついに出ました。幼虫期の栄養条件が前蛹期の幼若ホルモンの濃度に反映され、高い幼若ホルモン濃度だと大顎が大きくなるというストーリーです。実際に幼若ホルモンの濃度を測定していること(これまでの類似の研究ではこれが欠けていることが多い)、幼若ホルモン類似体の投与によって、実際に大顎が長い蛹をつくることができていることがポイントです。また、材料のクワガタがやたらとかっこいいことにも注目。詳しい解説は彼のサイトでどうぞ。

https://sites.google.com/site/hirokigotohstag/
posted by シロハラクイナ at 12:31| シカゴ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介いただきありがとうございます。
始めてから形になるまでが長かったので、感無量です。今後も継続して結果を発表していけるよう頑張ります。
Posted by G at 2011年06月24日 10:24
おめでとう!これからも益々がんばってください!!
Posted by シロハラクイナ at 2011年06月25日 01:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211411272
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。