生物学・科学に関する雑感。

書籍の紹介が中心です


2006年06月10日

仮往生伝試文

仮往生伝試文(新装版)
古井 由吉
単行本: 409ページ
出版社: 河出書房新社; 新装新版版 (2004/12/11)
ASIN: 4309016871


地球の歩き方と英会話本を除けば、アメリカに持ってきた唯一の日本語の本。辛口で知られる評論家・福田和也のベストセラー「作家の値うち」で激賞されていて、取り上げられている数百点の小説のうち最高得点である96点をつけられていたので、ずっと気になっていた小説です。かなり分厚く、しかしエッセイ的な構成なので読みやすそうで、長期旅行にぴったりと思い持参した次第です。長らく絶版だったようですが、「作家の値打ち」で話題になったこともあり、復刊されたようです。

帯には、「虚と実、死と生、夢と現の境界を果てしなく越境し、文学の無限の可能性を尽した畢生の傑作。読売文学賞受賞作。」とあります。

さて、内容ですが、著者の日常の日記から書き出しながら、明月記などの古典を引き、死への思いを綴った随想に発展していきます。これを日付ごとに繰り返す形をとります。平安末期の色々な境遇の僧や侍がどのように往生を遂げたか、彼らの死生観を交えて語り、また著者自身の体調の悪さや旅の情景などと、話は行きつ戻りつしながら進行していきます。死を話の中心に置きながらもタッチは軽く、滑稽な話や人情話もあり、全体にほのぼのとした印象です。語り口が心地よく、これをずっと読み続けていきたい、と思わせます。「楽天記」なども同じ系譜の作品らしいので、ぜひ読みたいですね。おすすめです。装丁もすばらしい。

ついでに応援お願いします→banner2.gif
posted by シロハラクイナ at 13:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(文芸・人文社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック