生物学・科学に関する雑感。

書籍の紹介が中心です


2006年03月02日

Developmental Plasticity and Evolution

Developmental Plasticity and Evolution
Mary Jane West-Eberhard
2003. Oxford University Press, ISBN 0-19-512235-6


ついに届きました。West-Eberhardによる、表現型の可塑性と進化に関する総説。Katsuraさんが"電話帳"と呼んでいるように、非常に分厚く、なんでも載っていそうな感じです。

ざっと眺めただけでも見覚えのある図表がたくさん引用されており、表現型可塑性の研究者が興味を持ちそうな現象はすべて網羅しているような印象を受けました。大変な文章量なのでまだ読んでいないのですが、百科事典のように疑問が思いつくたびに拾い読みすることになりそうです。

序文で著者自身が本書を一文で要約しています。

"The universal environmental responsiveness of organisms, alongside genes, influences individual development and organic evolution, and this realization compels us to reexamine the major themes of evolutionary biology in a new light."

関連するエントリ:
Developmental plasticity and the origin of species differences.
Evolution of a polyphenism by genetic accommodation.


posted by シロハラクイナ at 18:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(洋書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。