生物学・科学に関する雑感。

書籍の紹介が中心です


2006年02月15日

From DNA to Diversity

From DNA to Diversity: Molecular Genetics and the Evolution of Animal Design (2nd Edition)
Sean B. Carroll, Jennifer K. Grenier, Scott D. Weatherbee
2005. Blackwell Publishing ISBN 1-4051-1950-0


研究室での輪読に使用している、進化発生生物学の教科書です。基本的なところから2003年くらいの最新の研究までをバランス良く紹介しています。

英語の本を読む場合、ななめ読みせざるを得ないことが非常に多いですが、輪読の場合はいちおう文章を追って読むことになります。そうすることで、今まで曖昧にしか理解していなかった分子発生生物学の基礎をしっかり頭にインストールできている気がします。

昨日の輪読では、ショウジョウバエの翅原基のパターン形成について激しい議論に…。どうも説明を簡単にするために省略している因子があるようで、こういう場合は原著論文か、別のレビューをあたるしかないようです。

なお第1版は日本語訳されており、12/24のエントリで既に紹介しました。英語版も日本語版も、どちらもおすすめです。特に進化発生生物学に近い分野を研究している方は是非。


posted by シロハラクイナ at 11:45| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(洋書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。