生物学・科学に関する雑感。

現在ウィスコンシン・マディソンに研究留学中


2006年02月07日

虫屋の落とし文

虫屋の落とし文 奥本 大三郎 (著)
小学館ライブラリー―OUTDOOR EDITION
ISBN 4-09-460701-3


フランス文学者・ファーブル研究家の奥本先生のエッセイです。熱帯の昆虫ネタが多いですが、鳥や植物の話もあり、博物学時代風の異国情緒あふれる内容になっています。タイトルからして国内の昆虫採集話をイメージしていたのですが、えらい洋風の味付けなのでびっくりしました。おもしろいです。

内容と関係ないですが表紙もすばらしいです。Stermerという人の書いたイラストらしいのですが、画集を出しているらしいので買っちゃおうかなぁ。
posted by シロハラクイナ at 17:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(和書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12931019
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。