生物学・科学に関する雑感。

書籍の紹介が中心です


2009年07月02日

実践生物統計学

実践生物統計学―分子から生態まで (単行本)
東京大学生物測定学研究室 (編集)
単行本: 186ページ
出版社: 朝倉書店 (2004/03)
ISBN-10: 4254420277
ISBN-13: 978-4254420272



なんだか色々な統計手法について、具体例に基づいて解説した本です。研究室の棚にさりげなく置いてあると助かりそうな本です。QTL(量的遺伝子座)マッピングの項目が読みたくて買いました。読んでしっかり理解したかというと…やっぱり良くわかりません。一応、概略はわかっているつもりなのですが、いまひとつピンとこない、というか。座学ではなく実際にやってみるのが一番早道なのかもしれません。実際問題、どのくらいのマーカー密度で、どのくらいの数の交配をするか、というのが解像度を決めるのでしょうが、その具体的数について見当もつかないので。
posted by シロハラクイナ at 06:00| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(和書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック