生物学・科学に関する雑感。

現在ウィスコンシン・マディソンに研究留学中


2009年04月10日

人間の測りまちがい

人間の測りまちがい〈上〉―差別の科学史 (河出文庫) (文庫)
Stephen Jay Gould (原著), 鈴木 善次 (翻訳), 森脇 靖子 (翻訳)
文庫: 376ページ
出版社: 河出書房新社 (2008/6/4)
ISBN-10: 4309463053
ISBN-13: 978-4309463056



グールドのリベラルな側面が全開の本作。文庫化されたので読んでみました。

つまるところ、学問の世界で主流派である北ヨーロッパ系の人々が「他の地域の人たちがいかに知的に劣るか」ということを示すために、頭蓋の容積を測ったり、IQを考案して広範な調査を行ったりした、ということです。そして、それらの研究の結果は意図的に、あるいは無意識のうちに歪められていたというお話です。外れ値を意図的に外したり、データのグルーピングを工夫(?)したり、手法はいろいろですが、グールドは時折生データも参照しつつ批判をしています。

舞台は主にアメリカであり、自由の国を標榜しつつも、いかに過去に人種差別的な移民政策を行ってきたか、そしてそれが研究者や政治・行政による「善意」によって行われてきたか、考えさせるものです。現代からみるとナンセンス、滑稽にすら見える事例もありますが、それもグールドの狙いなのでしょう。

多変量解析など統計学の歴史が、優生学と不可分であることもわかり、統計学のマメ知識としても面白いかと。しかし、もう少し統計の中身について突っ込んだ解説を加えてもよかったのではないかとも思います。
posted by シロハラクイナ at 09:09| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(翻訳もの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117206035
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。