生物学・科学に関する雑感。

現在ウィスコンシン・マディソンに研究留学中


2009年03月24日

ニッチ構築

ニッチ構築―忘れられていた進化過程 (単行本)
F.John Odling Smee (著), 徳永 幸彦 (翻訳), 佐倉 統 (翻訳), 山下 篤子 (翻訳)
単行本: 400ページ
出版社: 共立出版 (2007/8/31)
ISBN-10: 4320056477
ISBN-13: 978-4320056473
発売日: 2007/8/31



Lewontinの古い論説などを漁っているうちにたどり着いた本。生物は遺伝によって形質を次世代に渡していくけれど、同時に環境にも働きかけ、環境を改変し、その環境をも次世代に引き渡すことができる。いってみれば当たり前のことですが、著者らがそれをきちんと理論化し、研究プログラムに取り込んできたことが重要なのでしょう。

私が取り組んでいる(と思っている)分野、エヴォデヴォ(Evo-Devo)では、いま、明らかに、生態学との接点を模索していて、特に近縁種間での形質の進化を扱う場合には、それぞれの種の置かれている環境の違い、あるいはニッチの違いというものが決定的な要因になっていると思われます。ここの形質が、どのような選択を受けたことによってそうなっているのか?本書で論じられているように、環境は決して不変のものではなく、生物が働きかけることによって変わりうる。そして、環境側から生物へのフィードバックもあることによって、双方が変化していく、と。

とすると、従来の固定的なニッチの考え方は捨てなければならないのか、あるいは、だいたいの場合は、ニッチを固定したものと(近似として)考えて差支えないのか、研究プログラムによってケースバイケースなのでしょう。とりあえず、覚えておくべき概念だと思いました。
posted by シロハラクイナ at 02:00| シカゴ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 書籍(翻訳もの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頑張って下さい!!
あしあと、残していきます。
そして、応援ポチポチ。
また来ますね!!!
Posted by 元塾講師中里によるアフィリで楽しく毎日が給料日 at 2009年05月16日 18:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116081617
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。