生物学・科学に関する雑感。

現在ウィスコンシン・マディソンに研究留学中


2012年06月29日

Impact Factor 2011

Impact Factor 2011が出たようですね。

今年の目玉は何と言ってもNature Communicationsではないでしょうか。一説にはPLoSに対抗するために出したなどと言われますが、1年目の被引用データはどう出たでしょうか。

Nat Commun 7.396

ほぼ予想どおりではないでしょうか?Nature Communicationsのサイトによれば、「Nature Communications には、科学の領域における質の高い論文が掲載されますが、必ずしも Nature や Nature 姉妹誌に掲載される論文ほど広範囲にわたる科学的影響力をもつ必要はありません。」ということ、さらに姉妹紙(IF10-30くらい)に掲載されなかった原稿も回ると言うことで、しかしNatureのブランドもあるし、このくらいでしょう。

さらに、今年のデータは、1年分のデータ(2009年に出版された論文が2010年に引用された回数)に基づいているので、来年はもう少し上がると予想します。私の予想は9.2と書いておきます。

Nature Publishing Groupの担当者は、IF10-20くらいを目指して創刊していると言っているので、この発言は少し「盛って」いるとして、だいたい彼らとしても思惑どおりなのではないでしょうか。このリンク先には、オープンアクセスと学術出版の未来についての出版社の方たちの議論がまとめられており、大変おもしろいです。
http://d.hatena.ne.jp/min2-fly/20120229/1330530968

あとは、目立ったところでは、Scienceの数少ない姉妹紙であるScience Signelingですが、去年もでていたんですかね?気がつきませんでしたが、数値が出て二年目のようです。

Sci Signal 7.499 増

他の雑誌について追記していきます。まだまだ足して行きます。

CNS
Cell 32.403 横ばい
Nature 36.403 横ばい
Science 31.201 横ばい

Insect系
Insect Biochem Mol Biol 3.246 押し目
Insect Mol Biol 2.529 微減
J Insect Physiol 2.236 微減
Syst Entmol 2.943 増
Ecol Entomol 1.995 増
Entomol Exp Appl 1.535 増
Bull Entomol Res 1.882 高止まり
Arch Insect Biochem 1.361 減
Physiol Entomol 1.330 減
J Insect Sci 0.947 微減
Entomol Sci 0.673 微減


社会性昆虫
Insectes Soc 1.696 増
Sociobiology 0.618 増

Development系
Dev Cell 14.030 微増
Genes Dev 11.659 減
Development 6.596 減
Dev Biol 4.069 微減
Dev Dynam 2.536 減
Evol Dev 2.470 減
J Exp Zool Part B 2.416 下げ止まり?
Dev Growth Diff 2.210 微減
Dev Genes Evol 1.774 減

Genomics・分子進化系
Genome Res 13.608 微増
Genome Biol 9.036 増
Mol Biol Evol 5.550 微増
Genome Biol Evol 4.618 増
J Mol Evol 2.274 減

遺伝学
Genetics 4.007 微減
Heredity 4.597 微増
PLoS Genet 8.694 減
Genetica 2.148 減
J Hered 2.799 増

生態学
Ecology 4.849 微減
Funct Ecol 4.567 減
Mol Ecol 5.522 押し目
Mol Ecol Resour 3.062 増
Ecol Lett 17.577 増
Oikos 3.061 減
Oecologia 3.412 減
Ecol Res 1.565 増

総合誌
PLoS ONE 4.092 減
PNAS 9.681 微減
Naturwissenschaften 2.278 微増

生物学
PLoS Biol 11.452 微減
Curr Biol 9.649 減
P Roy Soc B 5.415 増
Biol Lett 3.762 増

進化・行動生物学系
Evolution 5.146 減
J Evol Biol 3.276 減
Anim Behav 3.493 増
Behav Ecol Soc 3.179 増
Behav Ecol 3.083 増
Am Nat 4.725 横ばい
Ethol Ecol Evol 0.743 増
J Ethol 1.183 回復

系統学
Mol Phylogenet Evol 3.609 減
Cladistics 5.250 減

生化学・分子生物学
EMBO J 9.205 減
J Biol Chem 4.773 減
Biochem J 4.897 減
FEBS J 3.790 増
FEBS Lett 3.538 微減
Biochem Bioph Res Co 2.484 減

BMCシリーズ
BMC Biology 5.750 増
BMC Genomics 4.073 微減
BMC Evol Biol 3.521 微減
BMC Dev Biol 2.790 下げ止まり?
BMC Genetics 2.475 微減
BMC Mol Biol 2.857 減

形態学
Zoomorphology 1.283 減
J Morphol 1.539 減
Arthropod Struct Dev 2.122 増

動物学
Zool J Linn Soc Lond 2.433 増
J Exp Zool Part A 1.642 増
Zool Sci 0.952 減
posted by シロハラクイナ at 04:00| シカゴ ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

On some objections to the paranotal theory on the origin of the insect wings.

On some objections to the paranotal theory on the origin of the insect wings.
J. Alberto Quartau (1985)
Boletim da Sociedade Portuguesa de Entomologia, suplemento No1
Actas do II Congresso Ibérico de Entomologia vol II. 359-371.

ポルトガルの昆虫学者Quartauによる昆虫の翅の起源に関するレビューで、内容としてはQuartau (1986)と重複する部分が多いのですが、こちらのほうが簡潔です。この原稿はサバティカル中に行われた研究を、学会発表用にまとめたもののようです。Paranotal theoryの側に立ち、おおむね常識的でしっかりとしたレビューです。
posted by シロハラクイナ at 13:11| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

Canon MP-E65mm

Canon EFレンズ MP-E65mm F2.8 1-5Xマクロフォト マクロレンズ / キヤノン

生きたショウジョウバエの撮影には、このレンズを使っています。昨日のguttiferaの写真もこれで撮りました。sparnosさんのおすすめです。確かに、ショウジョウバエサイズには最適です。

組み合わせているカメラのボディはEOS Rebel T3という機種で、日本ではEOS kiss x50という機種に相当するようです(要は最もお手軽な機種です)。本体は軽いですが、レンズと、ストロボも付けるとかなり重く、しばらく撮影していると手が震えてきます。照明の方法、ショウジョウバエの置き方など、まだいろいろと試行錯誤しています。
posted by シロハラクイナ at 10:19| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

Drosophila guttifera

guttifera.JPG

Drosophila guttifera (和名なし)
Species group:quinaria
分布:アメリカ東部
餌:sugar food (野外ではキノコ)
挿し紙:不要
飼育難易度:中
posted by シロハラクイナ at 13:10| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

生態進化発生学

生態進化発生学―エコ‐エボ‐デボの夜明け [大型本] / スコット・F. ギルバート, デイビッド イーペル (著); Scott F. Gilbert, David Epel (原著); 正木 進三, 竹田 真木生, 田中 誠二 (翻訳); 東海大学出版会 (刊)

原書はEcological Developmental Biologyで、まさか翻訳されるとは思っていませんでした。うれしい誤算です。

近年、エコデボとして注目されている、生態学と発生生物学の融合分野ですが、実際にどのような研究プログラムが進行しているのか(これは、必ずしも研究者がエコデボをやっているという自覚が無い場合も含め)、概観するのに極めて優れた教科書です。原書が第1版ということもあって、少し生煮えな部分、訂正が必要な部分もあるようですが、とにかくエキサイティング。エコデボに限らず、生物学の未来や今後なされるべき統合に興味のある方も必読だと思います。

ヨーロッパからアメリカに移った研究者のカメムシが変態しなくなった"paper factor"の話、双子の加齢による差異の拡大とメチル化の話、イタリアのソラマメ中毒とマラリアの話など、読み物としても優れ、また研究の実例としても重要なエピソードも多く取り上げられています。
posted by シロハラクイナ at 15:23| シカゴ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍(翻訳もの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

進歩への希望 科学の擁護

進歩への希望―科学の擁護 (1978年) [−] / P.B.メダワー (著); 千原 呉郎,...

引き続き、メダワーの著作を読んでいます。これはいくつかの講演、書評などを寄せ集めたものです。話題は、科学と文学、精神分析について、人類の遺伝的改良、医学研究所における動物実験、など。また、ワトソンの「二重らせん」に対する書評もすばらしいです。
posted by シロハラクイナ at 15:08| シカゴ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(翻訳もの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。